認定看護管理者になるためには?

認定看護管理者になるためには、厳しい道のりがあります。認定看護管理者というのは、臨床現場において、看護管理のリーダーシップになるべく存在です。

認定看護管理者になるには、看護師の免許取得後、5年以上の実務経験が必要です。

そして、研修受講条件を満たした上で、教育課程として、ファーストレベル、セカンドレベル、サードレベルの3つを終了しなければなりません。

認定看護管理者になるための要件とは、認定看護管理者教育課程サードレベルを修了している者、看護系大学院で看護管理を専攻して修士号を取得している者で修士課程修了後の実務経験が3 年以上ある者、師長以上の職位で管理経験が3 年以上あり、看護系大学院で看護管理を専攻し修士号を取得している者、師長以上の職位で管理経験が3 年以上あり、大学院管理に関連する学問領域の修士号を取得している者、などです。

これらのうちのいずれかの要件を満たしていなくてはなりません。認定審査には、書類審査と筆記試験があり、合格すると、認定看護管理者認定証が交付されます。登録後は、5年ごとの更新があります。

http://www.arcticspectacles.info/

    自己紹介

    ブログについての説明や、自己紹介を書くスペースです。必要ない場合は削除するだけ!

    続きを読む

    検索

We love WordPress
One in a Million Theme by WordPress theme